♪広視野携帯望遠鏡(Pocket-RFT)の誕生♪

広視野接眼レンズの使用で4.5cm携帯望遠鏡が変わりました.双眼鏡のように星座を辿り,望遠鏡として細部を探るPocket-RFTの誕生です.これまでは双眼鏡の半分ではないかと言われそうでした.このほどStar Blast 4.5 EQに付属のExpanse 15mm(見掛視界 66 ºを試しましたK25と比べると,倍率は5/3倍になりますが,視野はほぼ同じです.4等星がやっと見えるかという空で,ベランダに寄りかかり手持ちです.オリオン星雲は,K25ではM42は見えますがぼんやりした光芒にすぎません,またM43は何見えているのか難しいところです.Ep 15mmでは,M42M43は容易に区別でき,翼を広げた形が明瞭に見て取れます.また,三ツ星辺りを散策すると視野いっぱいに多くの星が見え気持ちがよいものです.視界4.7º, 14倍と手持ちは少し辛くなりますが,簡易鏡筒バンドと軽量三脚で手軽さは維持できます.また80gを切る軽量なので布と紙の摺動部に負担を掛けません。光害のない理想的な暗闇では,何等星まで見えるかは口径で決まります.しかし,現実には接眼レンズにも依存します.倍率を上げると背景が暗くなり,淡い天体に威力を発揮します.別の場所で見ていると思えるほどです.このEp15mmは単体では本体の3倍の価格ですが,望遠鏡の実力を引き出す広視界接眼レンズはそれだけの価値があります.

 

TADA-Counter

 

アクセスカウンター